肌の老化と紫外線ダメージの関係!【光老化】を防ぐには?

「年を重ねるごとに肌なんて老化していくんだから仕方ないか…」

こんな風に、ご自身のシミやシワ、たるみを諦めていませんか?
年齢と共に少しづつ肌が衰えていくのは確かにどうしようもない事実ですが、肌の老化にはもっと大きな原因があるのをご存知でしょうか?

肌老化の原因、80%は紫外線のダメージ蓄積と言われています

要するに、加齢よりも太陽光による影響が肌を老化させる原因になってしまうんです。若くてもシミが出てしまったり、なんだか肌が乾燥してたるんでいたり、年齢よりも老けて見える。そんな方は日焼けをしすぎていたりしていませんか?

太陽光を長い時間、なんのケアもせずに浴びてしまうと、紫外線によって肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンに悪い影響を及ぼします。このダメージが蓄積されてしまうと、シミやシワ、たるみなどが現れます。これを『光老化』と呼ぶのですが、肌の老化の80%はこの紫外線ダメージによる『光老化』が原因です。

紫外線による肌老化のメカニズム

こちらのブログでもお話させて頂いておりますが、肌のハリや弾力を保ってくれているコラーゲンやエラスチンは加齢によってその量は除々に減っていきます。しかし、紫外線により真皮で肌を支えているコラーゲンとエラスチンの構造にダメージを与えてしまうと、シワやたるみが生じるんです。また、皮膚の表面では、紫外線から肌を守る為にメラニンを生成してしまい、シミやソバカスの元になってしまいます。

ブログ老け顔に『エラスチン』が必要な理由

今なんともなくても10年後の肌に影響を及ぼす

ここまで何度も書かせて頂いている「ダメージの蓄積」という言葉。今は若くて健康的に日焼けした後、数週間すれば元の綺麗な肌に戻るという方も、ダメージも綺麗に消え去っているわけではありません。肌の表面や肌深部にゆっくりとダメージが蓄積されているんです。10年後に鏡を見て後悔しない為にも、紫外線ケアは日々行っていくことが大切です。

老化対策は今すぐに!

シミやシワが一度表れてしまうと、改善するのはかなり大変です。手遅れになる前に、今すぐ紫外線をシャットアウトしましょう。

帽子やサングラスも有効

日差しが強いと感じる時は、迷わず帽子やサングラスを使いましょう。
サングラスは眩しさ対策と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、単純に目尻のシワなどの予防にもなるのでおすすめです。

日焼け止めはもっと塗っていい!

大抵の人は日焼け止めを適量の半分くらいしか塗れていないのだそうです。製品の説明をよく読んで、適量を塗るようにしましょう。また回数も少ない方が多いです。最低でも朝昼1回づつ。紫外線の強い日には2〜3時間おきにこまめに塗り直すことが重要。
特に男性が塗ると、ベタベタしすぎてしまって嫌だ…という方もいらっしゃると思いますが、男性用の日焼け止めアイテムも発売されていますので、こちらのブログをご参考にされてみてください。

ブログ【メンズコスメ】男性は男性専用の日焼け止め【ZIGEN】を使うべき!

今は老化とはほど遠い… という方こそ、10年後の為に毎日コツコツ日焼け止めを塗るのは大変だと思いますが、悪い事はいいません。今すぐUVケアをはじめましょう!

ではまた!

エステサロンを経営しております。 本と映画とアートと音楽が好きです。
投稿を作成しました 112

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る