唇の横が裂けて痛い!「口角炎」の予防&改善法は?

リップクリームを一日に何度も塗るようになったら乾燥の季節の始まり。なんて、唇を乾燥の目安にしている人も少なくないのでは?

唇はそれだけ乾燥しやすく、 誰でも炎症を起こしやすいところです。でも、リップクリームを数回塗り直すなんてカワイイもので、口の端が切れたり、更にはパックリ裂けてしまったりしたらタチが悪い。食事をする度に口を開けなくちゃいけない分、一度切れてしまうと治りずらく、結構痛い。腫れて裂けてしまっているなんて不衛生な印象があり、見た目もかなり悪いです。しかも、治りかけた?なんて思ったらすぐ再発。なんてことも多いですよね。

口角炎の原因は乾燥だけじゃない

実は僕も、毎年冬はこのパターンを繰り返していました。切れて、裂けて、治って切れて、の繰り返し。地味に辛いんですよね。

繰り返して”いました”と過去系にするのは、今は改善されているからなんです。あるアイテムでこの唇裂けループから解放されたのですが、まずは唇が裂けてしまう原因からお話させて頂きますね。
以外と知られていないのですが、『口角炎』の原因って、実は乾燥だけじゃないんですよ。

口角炎の原因

乾燥

乾燥しているのにケアしないでいると、唇が炎症を起こしやすくなります。炎症が亀裂の始まりなので、こまめな保湿ケアが大切です。

唾液の付着

唇に唾液がつくなんて当たり前じゃん?
と不思議がる気持ちもわかります。しかし、唾液にはカンジダ菌が含まれている為、口角に唾液が溜まると、炎症を起こしてしまうことがあるようです。特に乾燥して唇にダメージが及んでいたり、ストレスや過労で免疫力が低下している状態で菌が蓄積すると… 炎症を起こして亀裂が入ってしまうのも想像できますよね。

食生活の乱れ

ビタミンや鉄分の不足は口角炎を招きます。また、糖分や炭水化物は唾液内のカンジダ菌を増殖させてしまうので注意が必要です。

口角炎を解消するには?

唇が裂けてしまう原因に唾液の菌が関わってるんですね。
なので、ちゃんと気をつけていてもなってしまいますし、ただリップクリームを塗りたくったところで簡単に治るわけがありません。もちろん、軽度の口角炎でしたらワセリンなどの保湿剤で対処できるかもしれませんが、何度も繰り返している方やぷっくり腫れてしまっている方などは口角炎専用の薬を使うようにしましょう!

僕の場合はこちらの『メンソレータムメディカルリップ』で解消しました。少し唇が乾燥しているな、と感じた時点ですぐにこれを塗っています。

アラントインが荒れた唇の修復を促進し、ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)が皮膚の新陳代謝を促すのでひび割れに効果的。グリチルレチン酸が唇の炎症を抑え、セチルピリジニウム塩化物水和物が殺菌してくれます。
とにかく、保湿するだけでなく、菌を退治する作用があることがポイントです。

言わば、リップクリーム変わりに『メンソレータムメディカルリップ』を使っている感じ。前もってこのような予防ケアを行うことで、昨年から一度も『口角炎』になっていません。

とてもオススメですよ。

ではまた!

ブログキス専用美容液『ヌレヌレ』キスが止められなくなるって本当 ?

エステサロンを経営しております。 本と映画とアートと音楽が好きです。
投稿を作成しました 112

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る