老化現象? 『たるみ毛穴』の原因と対策は?

多くの方が悩んでいる毛穴の開き。

毛穴が開いてしまう理由には乾燥や脂性肌、ニキビ跡、紫外線や喫煙など様々な原因があります。しかし、元々肌トラブルも少なく、乾燥肌でもオイリー肌でもないという方でも、毛穴が開いてしまったという方も少なくありません。

その毛穴、縦長の涙形に垂れ下がっていませんか?

それはきっと老化現象。毛穴のたるみが原因です。特にTゾーンではなく頬の毛穴にお悩みの方はこの『たるみ毛穴』の可能性が更に高いと言えます。

あてはまりそうな方は原因と対策についてお話させて頂きますので是非ご覧下さい。

『たるみ毛穴』の原因

年齢で言うと早い方で20代後半から40代くらい。加齢によって引き起こされる『たるみ毛穴』。肌のコラーゲンやエラスチンが老化によって減少すると、弾力を失った肌の毛穴が重力に負けて垂れ下がってしまうというのが原因です。

ブログ 老け顔に『エラスチン』が必要な理由

乾燥する時期は要注意

冬などは特に乾燥によって肌のバリア機能が低下します。これにより新陳代謝が乱れるとキメが整わなくなり、毛穴が目立ってしまいます。

根本から改善するのは難しい
おすすめは『ヒト幹細胞培養液』

年齢を重ねるごとにコラーゲンやエラスチンはどうしても減少してしまいます。当然ながら、肌も重力を受けているのでたるんでしまうんです。なので根本的に元々の肌に戻すというのは結構難しいんですよね。しかし、なにもしなくては年々悪化する一方です。そこでオススメなのが『ヒト幹細胞培養液』。比較的新しく美容に使われるようになった成分なのですが、再生医療などにも使われているもので、高いアンチエイジング効果が期待できます。くわしくはこちらのブログをご覧くださいね。

ブログ毛穴・くすみ・シワなどでお悩みの肌を根本から再生!美容業界注目の《ヒト幹細胞培養液》とは?その効果は?

また、ヒト幹細胞培養液の配合されているおすすめコスメこちらでご紹介させて頂いております。是非ご参考にされてみてください。

ブログヒト幹細胞培養液<最新技術>おすすめコスメをご紹介

このような最新技術を使ったケアなどは一定の効果が期待できますが、まだそこまで手が出せない… なんかこわい…という方も、なにもしないわけにはいきませんよね? 
それでは、日々の生活で行える『たるみ毛穴』の改善策をお話させて頂きます!

『たるみ毛穴』の改善方法

しっかりたっぷり保湿

保湿して肌にハリを与えると、ふっくらと毛穴は目立たなくなっていくでしょう。肌を摩擦しないようにゆっくりと優しく化粧水などをつけることが大切。特に化粧水はケチらずにたっぷり肌に吸い込ませましょう。目安としては3度づけくらいが望ましいです。
毛穴が目立ってきたなと思ったら、アンチエイジング用の化粧品やコラーゲンが多く配合されたアイテムを選ぶのもおすすめです。

※肌の乾燥度を簡単チェック
化粧水をたっぷりつけた後に毛穴をチェックしてみてください。これで目立ちにくくなっていれば、あなたの肌が水分を欲している証拠。これまで以上に保湿ケアをたっぷり行いましょう。

紫外線カット

紫外線は肌の老化を進めます。日焼け止めなどをしっかり塗ってたるみの進行を抑制しましょう。

生活習慣の見直し

不規則生活や偏った食事、ストレスに睡眠不足など、生活習慣を整えましょう。少しづつ体の中からケアすることで、毛穴の開きの悪化を防ぎます。これらは美容にとってとても大切なこと。男性も女性も美しさを保つ為に常日頃から意識していく事が重要です。

※『たるみ毛穴』はアンチエイジングケアが必要になったサイン
特に頬の内側に現れることの多い『たるみ毛穴』。最近目立ってきたなぁ~と感じたら、これは老化現象のサインとも言えます。放っておくと、シワやほうれい線が浮きでてくるまで残りわずか。しっかりとアンチエイジングケアをはじめましょうね!

これでもまったく改善しないという方まだまだ気になる!
絶対治したいという方は…

医療クリニックの力を借りることをおすすめします。
しっかりと医師の相談し、納得いくまでカウンセリングを行いましょう。特にリスクについてはしっかりと説明して頂くようにしてくださいね。

いかがでしたでしょうか?
『たるみ毛穴』は早めに気付いてケアを始めることが大変重要です。日々の努力が必要なお悩みですので、根気強くケアしていきましょう!

ではまた!

ブログ 鼻パックで毛穴が広がるというのは嘘?男の『いちご鼻』改善のススメ!

ブログ 老け顔に『エラスチン』が必要な理由

エステサロンを経営しております。 本と映画とアートと音楽が好きです。
投稿を作成しました 112

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る