洗顔・化粧水がしみる… 顔がヒリヒリ痛む肌トラブルを解消

顔を洗う時や化粧水を塗る時、顔がヒリヒリと痛むことってありますよね?

ヒドくなると赤ら顔になってしまったり、かゆみが収まらなくなってしまったり、軽く考えていると立派な肌トラブルになってしまいますので早めに対処していきたいところ。

特に秋冬の空気が乾燥する時季に起こるこちらの症状ですが、どのような原因でこの嫌な『ヒリヒリ』を引き起こしてしまうのでしょうか?

お肌が『ヒリヒリ』する原因

バリア機能の低下

よくいわれる『肌のバリア機能』は、お肌の表面を皮脂膜が覆うことによって形成されています。このバリア機能が、肌水分の蒸発を防ぎ潤いのある美しい肌を保ちます。また、乾燥した空気や紫外線、ホコリなどから皮膚を守ってくれています。

しかし、皮脂膜というのはその名の通り皮脂で構成されていますので、過剰に分泌されすぎてしまうと、脂肌、毛穴の詰まり、ニキビなどのトラブルを引き起こしてしまうので注意が必要です。

バリア機能が低下してしまう原因

洗顔時の摩擦、タオルやコットン、衣服など外部からの刺激、睡眠不足や偏った食事といった生活習慣の乱れなどが肌のバリア機能を低下させてしまいます。

年齢により肌が薄くなっている

年齢を重ねることで人はコラーゲンなどをの生成量が下がり、肌が薄くなってしまいます。これによって痛みなどが伴うわけです。

刺激により肌が薄くなっている

若い方でも、適度な回数を上回るピーリングや強いクレンジング・洗顔などで肌が薄くなる原因になります。必要以上の刺激は肌のターンオーバーを早めてしまい、未熟なうちに完成してしまうため、薄く弱い肌が出来上がってしまうんです。

『ヒリヒリ』の原因のほとんどは摩擦や刺激

読んで頂いてわかる通り、ヒリヒリの原因はほぼ刺激です。生活習慣が原因になっている場合もありますが、これを変えるのは大変です。まずは『肌に刺激を与えない』ことに注力してみましょう。

それでは、簡単に改善策をお話させて頂きます!

お肌の『ヒリヒリ』を解消する方法

とにかくやさしく洗顔

よく言われることですが、どんな肌トラブルでも顔をゴシゴシ洗うのは絶対NGです。肌のバリア機能ももちろん低下してしまいます。とにかく優しい洗顔が『ヒリヒリ』改善の第一歩です。是非これらの方法を実践してみてください。

  • 洗顔料をしっかり泡立てて、手が直接顔に触れないように洗う。泡だけ顔の上を滑らせるようなイメージです。
  • ぬるま湯でしっかりとすすぎます。冬は少し冷たいかもしれませんが、肌バリアを洗い流してしまいますので暑いお湯はNGです。
  • 柔らかいタオルをでやさしく拭く。乾燥によって固くなったタオルはそれだけで肌に刺激を与えてしまいます。ふわふわのタオルを使用するようにしましょう!

肌トラブル『かゆみ』を発症した場合の応急処置

ヒリヒリが続くとかゆみを伴ってしまうという方も多いようです。応急処置として冷やすというのも効果的です。タオルを冷やして顔にあててあげましょう。

肌トラブル『赤ら顔』になってしまった場合

更にヒドくなると「一日中顔が真っ赤」なんて方も…
赤ら顔についてはこちらのブログで詳しくお話させて頂いておりますので、是非ご参考にされてみてくださいね!

ブログ絶対治る!『赤ら顔』原因と改善方法!

ではまた!

エステサロンを経営しております。 本と映画とアートと音楽が好きです。
投稿を作成しました 112

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る