【アソコの相談・番外編】正直、痛いだけなんです… ラブタイムが楽しめない「痛み」って改善できるの?

男性とベッドでラブタイム…
ぶっちゃけ痛いだけで苦痛でしかない…

そんな女性がたくさんいらっしゃると聞きます。男性の僕としてはこんなに悲しいことはありません。しかし男性がそんな事ばかり言っているから、女性はきっと相談することもできないんだと思います。病院に行くほどのことなのか、一生このままなの? なんて悩んでしまう方も少なくないのではないでしょうか?

今回は、ラブタイムでのデリケートゾーンの痛み、【性交痛】についてお話したいと思います。まずは痛みの原因を見ていきましょう!

濡れていないから痛い

言うまでもなく主な原因はコレ。汗をかく量に個人差があるように、愛液の分泌量も人それぞれ。無理なダイエットやストレスなども原因になり、誰にでもありえること。出産後は傷が気になったり、ラブタイムに対して億劫になってしまいがち。これが原因でまったく濡れなくなったという女性も多いようです。

男性もなにか悩み事があったり、他の事が少しでも頭によぎってしまうと萎えてしまうもの。これに関しては考えれば考えるほどダメなんです。スパっと割り切ってローションを使ってみるのもありですよ。

今は通販でも簡単に手に入ります。なにも恥ずかしいことではないので、悩みすぎる前に試してみましょう。ひとつだけ言わせて頂くと、彼女や奥さんがベッドの横にローションを置いていたら、男性は引くどころか必ず喜ぶはずです。
僕のおすすめをひとつ紹介しておきますね。

デリケートゾーンの悩みが気になって濡れない

臭いや黒ずみ、締まりなど、誰にも相談できないデリケートゾーンのトラブル。こういった悩みが気になってまったく性行為に集中できないという方も少なくありませんよね? こういったトラブルを解消することで濡れやすくなる可能性も高いです。詳しくは、こちら↓↓の3つのブログを参考にされてみてください。

【アソコの相談 Vol.1 黒ずみ】誰にも聞けないデリケートゾーンの悩み。黒ずみの原因と簡単な改善方法!

【アソコの相談Vol.2 ニオイ】デリケートゾーンの嫌な臭いの原因と対策方法!改善グッズもご紹介!

【アソコの相談 Vol.3 しまり】セックスレスも解消できる!膣トレでキュッと締まりを改善

自分の口臭が気になって濡れない

自分の口が臭いんじゃないか? キスしても平気かな?
このような悩みも性行為に集中できないですよね?
口臭の解消についてもこちらのブログを参考にされてみてくださいね。

女性の『加齢臭』原因と対策【2】口臭を改善するには?

膣内で炎症を起こしている

濡れているのに痛いという場合は、すでに炎症を起こしてしまっていたり、ウィルスなどに感染している可能性があります。粘膜は非常に弱いです。このような場合はひとまず婦人科の受診をおすすめします。
男性のサイズや荒っぽさも原因のひとつになりますので、相談が必要ですね。

根本的にラブタイムが苦手

一度も気持ちいいと思ったことがなかったり、今のパートナーとまったく相性が合わなくて嫌いになってしまったり、裸になること自体嫌だったり、根本的に性行為が苦手という場合や、以前受けた苦痛のトラウマなどで膣痙攣を起こし、痛みが発生している可能性もあります。

結局はパートナーに相談するしかない!

結局、どのケースであってもパートナーに相談するしかありません。

ひとりで考え込むのはやめて、「ローション使ってみない?」とか、「もっとこうしてみてよ」とか、明るい感じで話してみてください。思っている以上に男性は嬉しいものですよ。女性が心を開いてくれたと受け取って、頑張ってくれると思いますよ。

それではまた!

エステサロンを経営しております。 本と映画とアートと音楽が好きです。
投稿を作成しました 112

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る