老け顔に『エラスチン』が必要な理由

先日のブログで、まぶたのたるみはエラスチンの減少&弱っているせいというお話をさせて頂きましたが、エラスチンってあまり聞き慣れない成分じゃないですか?
まぶたをピンっと張って、目元をキリッとさせてくれるのですが、どのような成分なのでしょうか?

ブログアラフォーでもパッチリ!【まぶた専用美容液】”リッドキララ”で老けまぶた改善!

エラスチンとは?

コラーゲンを支えて皮膚を若々しく保つ成分

エラスチンは繊維状のタンパク質で、別名「弾性繊維」と言われ、ゴムのように伸縮する性質を持っています。
また、コラーゲンと同じ部位に存在し、コラーゲン同士を結びつけて編目状に構成。コラーゲンの働きを強化してフォローする役割を持ちます。

皮膚の内側でコラーゲンを支え、肌にハリや柔軟性を与える

エラスチンは年齢とともに減少します。ベッドで例えるとマットレスの中のスプリングが伸び切ってしまったような状態になり、シワやたるみの原因になります。目元のたるみを抑えるだけでなく人間の肌の弾力性はエラスチンが生成していると言えるんです。更に皮膚だけでなく、結合組織や靭帯、血管などの組織にも含まれており、伸縮性が必要な部位に欠かせません。

40代に入ると一気に減少する

「老けまぶた」のブログでも、アラフォーから一気に目元が老け込む!というようなことを書かせて頂きましたが、これはエラスチンの減少が加速するからです。
20代後半をピークに、喫煙や紫外線や摩擦などの蓄積でエラスチンは減少していきますが、40代に入るとそのスピードが増すと言われているんですね。肌の老化が進むのと同時に、靭帯や血管が硬くなってしまいますので、怪我や病気にも十分注意が必要です。

どうにかエラスチンを増やせないの?

摂取することはできるが
レア食材にしか入っていない

エラスチンを摂取すれば老化スピードが減速するんじゃ?
その通りなのですが、通常色々入っている野菜や果物などのには含まれていないんです。牛すじや鶏の手羽先、軟骨など、焼き鳥屋さんに行かないと食べれないようなものにしか入っていないんです。(僕は大好物ばかりですが)
これらを日々摂取しようと思ったら大変なので、なかなか減少を止められないんです。

エラスチンサプリを飲もう!

やはり簡単にエラスチンを摂取するにはサプリメントが有効。毎日焼き鳥屋さんに行くよりはコスパがよく、含有量も多いので効果的です。それではいくつかご紹介させて頂きますね。

■注意点!
エラスチンは抽出するのが大変で、あまりサプリメントが流通していません。また、「抽出が大変」というのを売り文句に、大変高額な商品も出回っています。
こちらでは、含有量がしっかり明記された商品のみご紹介したいと思います。(ほとんどの商品が明記されておらず、こちらの2つのみになりました…)

DHC エラスチンカプセル

定番中の定番、DHCサプリメント。1日分で約160mgのエラスチンを含有しています。ビタミンB2やビタミンEも含まれています。プリプリのハリを守りましょう!

リプサ エラスチン

新鮮な海水魚の魚皮から抽出されたマリンエラスチンで、加水分解によりペプチド化したものです。1日分で80mgのエラスチンペプチドを配合。

いかがでしたでしょうか?
ハリがなくなって「老け顔」になってしまう前に、少しづつでも摂取していきたいですね!
ではまた!

エステサロンを経営しております。 本と映画とアートと音楽が好きです。
投稿を作成しました 112

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る