大麻から抽出? 健康と美容の最新トレンド『CBDオイル』って?

大麻から抽出されるCBDオイル。美容・健康業界が注目し、欧米で人気を博してきましたが、ここのところ日本でも利用者が急増しているんです。それもそのはず、今まで病院で処方されてきた薬ではなしえなかった圧倒的効果報告が相次いでいるようなんです。

気になってはいるけど大麻って、、大丈夫? 本当に効果があるの? という疑問が沸きますよね? 

ではまず、そもそもCBDとはどういったものなのか、違法じゃないのか、体への悪影響は本当にないのかなど、CBDオイルの安全性について詳しくお話させて頂きたいと思います。

そもそもCBDってどんなもの?

CBDとは、大麻草に含まれる植物成分「カンナビノイド」の一種で、カンナビジオールの略称になります。大麻の中でも”種と茎”のみから抽出された成分で合法なものになります。

大麻なのに違法じゃないの?

前述した通り、CBDは大麻草の”種と茎”からとれる成分なのですが、日本の法律では”種と茎”を使った製品は禁止されていないんです。反対に、大麻草の”葉・花・穂”からとれる成分をTHCと呼びますが、こちらが違法のいわゆるマリファナと呼ばれるものになります。
CBDは、THCのようにハイになったり、幻覚が見えたりという精神作用は全くなく「キマる」ことはありえない別物ということになります。もちろん、使っていても逮捕されることはありませんし、大河ドラマのヒロインを降ろされることもありませんのでご安心くださいね。

大麻由来の成分CBDって本当に安全なの?

とはいえ、精神的な作用がないにしても、何も悪影響がないはずがない…と不安になる方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、『マリファナ・大麻』というイメージとは逆に、CBDは安全で害もまったくありません。もちろん、これは僕の個人的な見解などではありません。WHOでも「人体に害のある成分は一切含まれておらず安全。危険性も副作用もない」と認める発表をしています。

安全性はなんとなくご理解頂けたでしょうか?

補足しますと、現在日本国内で流通しているCBD製品の大半が輸入品ですが、大麻由来の製品であるため、本当に”種と茎”のみか?など、それはそれは厳しいチェックが施されています。検査を通過して流通しているものは体に害のないれっきとしたCBDのみですのでご安心ください。

では、それによって得られる効果が気になるところですよね?
健康と美容の効果について順番にお話させて頂きたいと思います。

CBDの健康作用

・リラックス効果
・睡眠障害の抑制
・不安やストレスを緩和
・鬱の防止
・慢性痛の解消(優れた沈痛作用)

僕としては、特に慢性痛の解消について注目したいと思います。
というのも、慢性的な頭痛や神経痛というのは、本当になにが原因なのか分からないことが多いため、色々な病院をはしごして様々な薬を処方してもらってもいっこうに収まらないといった方が非常に多いからです。そのような方に好評を得ているのがCBDの素晴らしいところのひとつだと思います。
CBDオイルには鎮静作用と炎症抑制作用があり、オイルを直接口から摂取したり、幹部に塗ったりすることで多くの改善効果が報告されているんです。なにを飲んでもダメだった…という方は一度試してみる価値がありそうです。

CBDの美容効果

肌荒れやニキビの予防・改善効果

前述た通り、CBDには抗炎症作用があるのですが、これは肌にも作用します。直接塗ることで肌荒れ症状を鎮静する効果があるんです。また、皮脂を作り出す皮脂腺に直接的に働きかけ、皮脂の過剰分泌を抑えます。更に、乾燥している時には皮脂の分泌を活発化するというコントロール機能のようなものがあるので、肌荒れの予防になるんです。

アンチエイジング

抗酸化作用と抗糖化作用

体内の酸化を防いでしみやくすみを改善します。なんと、CBDにはビタミンCやビタミンEよりも抗酸化作用があるんです!また、糖化を抑えたり、糖化してしまった細胞を元に戻してくれる働きまであるんですよ。細胞の劣化につながり、年齢肌の原因となる酸化と糖化をどちらも抑えてくれる超優秀な成分なんです。

ターンオーバーを正常に

CBDは、加齢と共にくるいやすくなる肌のターンオーバーサイクルを正常化する効果もあります。CBDオイルを直接塗ることで、肌の免疫システムを活性化させてターンオーバーを正常に戻してくれるんです。また、古い角質が自然に除去され、ごわごわ肌をツルツルに改善します。

アトピー性皮膚炎

こちらもとても注目したい作用です。
症状の重いアトピーの方の中には、副作用を心配しながらもどうしようもないからステロイドを塗り続けているという方も多くいらっしゃると思います。そもそもアトピーには、これといって根本的な治療法がなく、日々肌の状況が変わるのでヒドく悩まれている方もたくさんいらっしゃいます。精神的にもキツい病気と言えるのではないでしょうか。
そんなアトピーにもCBDオイルは効果を発揮します。
前述した抗酸化作用が免疫力を高め、症状を鎮静します。アトピーの方の肌はセラミドが少ない状態で、水分保持をする力が弱くなっています。そのため、刺激に弱く赤くなりやすいんです。CBDにはセラミドの水分保持をする働きをサポートする作用があり、肌バリアの生成を助けます。また、抗炎症作用で赤みも抑えてくれるんです。そして更に、前述したリラックス効果で不安・ストレスの緩和し、アトピーの厳しい悩みも気持ちを楽にしてくれる効能があります。また、CBDオイルは至って低刺激なので、肌が弱い人や敏感肌の方も安心してご利用頂けます。かなり有能な美容オイルと言えるでしょう。

CBDの使い方は様々

多種多様な効果があるCBDは、オイルやクリーム、軟膏、電子タバコなど、様々な製品が出回っていますが、現在のところオイルが一番主流で、吸収率も高くおすすめです。効果を早く実感したい方や初心者の方はオイルをつかっておけば間違いありません。

使い方は簡単

睡眠障害、不安やストレス、酸化・糖化でお悩みには直接舌の上に垂らしましょう。すぐに飲み込まず、舌の上で一分ほど待つと更に効果的。肌荒れやニキビ、アトピーの赤みなどの場合は直接オイルを塗るのがベストです。

CBDオイルの摂取量

CBDオイルは医薬品のように用法・用量が記載されていない場合も多く、摂取量に迷ってしまう方も多くいらしゃると思います。というのも、CBDオイルは医薬品ではなく健康食品としての位置づけなので、摂取量を断定することができないんです。結論を言ってしまうと、

いくら摂取しても危険性はありません

1日に最大 1500mg の高用量で慢性的に使用しても、安全なのだそうです。とはいえ、CBDオイルがどのようなものか知って頂く時間は必要かと思います。ですので、使用1週目は朝昼晩1滴づつ、2週目からは2滴づつなど、効果がみえなかった場合は少しづつ摂取量を増やしていくことをおすすめします。
また、多く摂取すれば効果が上がるというものではなく、ピークを越えるとそれ以上の効果を望めないことが研究によって明らかになっていますので、自分の体と相談して決めてくださいね。

CBDオイルを選ぶ際の注意点

意外に間違えやすいのですが、ヘンプオイルやヘンプシードオイルにはCBDが含まれてい場合があるので注意が必要です。いかにも大麻といったラベルが使われている製品も多く、通販などの場合は意外と混乱します。

おすすめCBDオイルブランド

ポテンシャルや安全性から見て、安心して使用できるオススメのCBDブランドを2社ご紹介させて頂きます。

ENDOCA エンドカ

2006年に北欧デンマークで設立された世界初のCBDオイルの販売会社。農薬・除草剤を使用せずに栽培した100%オーガニック、NON GMO(非遺伝子組み換え)の高品質なオーガニックCBDオイルを北欧で生産し全世界に提供しています。” From seeds to shelf – 種から棚まで” をポリシーに、全ての生産プロセスを管理して厳正な品質検査を行い、品質、透明性、優秀な顧客サービスに誇りを持っています。 

hemptouch ヘンプタッチ

2014年にリュブリャナ大学の生物学者であり、薬草を専門としているシルヴィア・スペハーと、人間とヘンプの関わり合いについて研究してきたマルコ・スラディックによりCBDメーカーとして設立。哲学は”Nature is the best medicine(自然は最高の薬)”。有機農法の検査官であるイェルネイ・レディク氏の監督のもと、100%オーガニックなCBDを抽出されています。確かなクオリティを保証するため、市場に出される前に第三者機関による内容分析が行われています。抽出されたCBDオイルはバッチごとに厳しく管理されているんです。

まだまだこれから期待大!

いかがでしたでしょうか?
精神的な悩みや肌の悩み、慢性的な痛みなど、どうしても治らない、なにも効かない…という方は、悩みが深くなってしまう前に、CBDに頼ってみることをおすすめします。もう一度言わせて頂きますが、使用しても警察に捕まることもありませんのでご安心ください。

アルツハイマー、パーキンソン病、多発性硬化症、がん、吐き気、感染症、糖尿病合併症

WHO

WHOはこれらの病気に関しても医療用途の可能性を見い出しています。まだまだ研究は必要になるでしょうが、期待したいところです。

ではまた!

エステサロンを経営しております。 本と映画とアートと音楽が好きです。
投稿を作成しました 96

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る