『プラセンタ注射の危険性』デメリット・リスク・副作用をご説明します !

以前、こちらのブログでもお話させて頂きましたが、プラセンタには様々なリスクが伴います。簡単にあげさせて頂くと、

・種類が多く、摘出方法や濃度などで、効果が大きく変わる
・どのくらい摂取すればよいのかが人によって異なるため非常にアバウト
・多くとりすぎるとニキビができてしまったりする
・羊由来や豚由来は健康的に使用できることが保証されていない

など、なんだかふわっとしたデメリットがたくさんあります。

しかし、以前こちらのブログでもご紹介させて頂きましたが、馬由来のプラセンタで、国産サラブレットのアイテムは信頼でき、アンチエイジング効果も大変高いものとして知られています。

【ブログ】 どれがいいの?『プラセンタ』羊・豚・馬3種類の比較とおすすめサプリ&美容液

馬プラセンタの化粧品アイテムで効果を実感できた方などは、やっぱり『プラセンタ注射』が気になってくると思います。ヒト由来のプラセンタを使用するクリニックが多いため、即効性や効果という面ではコスメなどとはくらべものになりません。ですがもちろんこれにもリスクやデメリットがあるんですよね。

先にお話させて頂きますが弊社サロンではプラセンタ注射の施術等は行っておりません。「プラセンタ 注射」などで検索するとプラセンタを推すクリニックのホームページしかほとんど出て来ないからそこの情報は信用できない。といった方も多いかもしれません。僕としてはプラセンタ注射が皆様に愛されようが嫌われようがなんの利益・不利益もありませんので、公平な目でこちらの記事を書かせて頂いております。

今回は『プラセンタ注射の危険性』をしっかりと説明させて頂きます。

プラセンタ注射のデメリット・リスク

今後病気になる可能性がゼロではない

簡単に言えば、これだけのことです。

今のところプラセンタ注射で病気に感染したという報告はゼロです。もちろん、病気を持った母親の胎盤は廃棄されます。肝炎やエイズに感染している胎盤は使用されませんので心配ありません。しかし、今後露呈される新型ウィルスなどに感染している可能性はゼロとは言えないんです。
献血ができなくなるというお話も以前させて頂きましたが、こちらに関しても同様の理由。理論的には病気に感染している可能性がゼロではないので、禁止されています。臓器提供に関しても同じで、移植者の同意がない限り、原則的に控えることが求められているんですよ。

これをリスクととるかどうかはあなた次第です。

クリニックに行くと「同意書」にサインを求められると思います。そちらもよく読んで、納得してから注射を受けるようにしましょう。

プラセンタ注射の副作用

ほかの成分に比べると
副作用を起こす確率は
圧倒的に低い

まず、注射部位の内出血や疼痛、かゆみ、腫れなどが起こることがあります。これらはプラセンタに限らず薬剤を投与したときにはよくあることですね。その他、ごくまれとも言えますが、0.1%~5%未満の副作用として、アレルギー症状(発疹、蕁麻疹、掻痒感、発熱)を起こすことがあるようです。更にまれな話なのですが、アナフィラキシーショック(血圧低下、呼吸困難など)、急性肝障害が報告されています。
これらの重い副作用が、皆様が「プラセンタ注射って恐い…」と思ってしまう原因かと思います。しかし実はこのような重篤な副作用は、60年間で数例しか報告がありません。市販の風邪薬、漢方薬、解熱鎮痛剤などと比較してもその確率は圧倒的に低いんですよ。

その他に、頭痛、閉経後の生理、軽い生理不順、眠気、だるさ、体重増加が報告されています。眠気やだるさは自律神経失調症の改善や安眠効果があるプラセンタですから、その作用のために起こると言えます。一時的なもので、通常一日以内で収まります。体重増加については、プラセンタが消化吸収を促進する作用があるためと言われていますが、見た目に如実に現れるほど極端に増えるような症状ではありません。

効果も同じだと思いますが、どんな薬や健康食品でも、体質によって合う合わないはあります。100%安全!なんて言えないというものがほとんどですよね。副作用の観点で言うと、プラセンタが特別危険というわけではないんですよ。数多くの医薬品の中で、プラセンタの安全性は皆様のイメージより数段高いのかもしれません。

いかがでしょうか?
ゼロではないと言われるとやっぱり恐い…という方も
これならやってみよう!という方も

両方の意見の方がいらっしゃると思います。
試してみたいと思った方の為に、効果と施術頻度を説明させて頂きたいと思います。

プラセンタ注射の美容効果

こちらは以前のブログでもお話させて頂いておりますが、簡単にご紹介させて頂きますと、

・老化防止(アンチエイジング)

・くすみ、シミ、シワの改善

コラーゲンの生成を促進。肌のハリ・弾力が向上します

・乾燥肌の改善

水分保持力が向上し肌の保湿力があがります

・ニキビの改善 

炎症を抑える

など、様々です。このように、表面のケアだけではなく、肌質の根本から改善をはかるため、効果の見え方が人によって大きくことなるんですよね。

ブログ『プラセンタ』の絶大なエイジング効果と知っておきたいデメリット

プラセンタ注射の美容以外の効果

さきほど、自律神経失調症の改善や、安眠効果があるとお話させて頂きましたが、その他にも美容以外の効果がたくさんあるんです。

注射する漢方薬

なんて呼ばれていて、ざっとあげただけでも

・疲労回復・更年期障害の軽減・精神安定・冷え性改善・不眠の改善・自律神経失調症の改善・基礎代謝向上・血行促進・抗アレルギー効果

など、様々な効果があります。
「疲れがとれない…」「寝つきが悪い…」「手足が冷える」「全然やる気が出ない」など、ハッキリした病気ではないけど「なんか調子わるいなぁ〜」というような症状に効果てきめんなんです。
いかにも漢方薬っぽいですよね。

プラセンタ注射の有効な施術頻度

一般的に、最初の1ヶ月~2ヶ月は週に2回、約2ケ月以降は1週間に1回の割合でプラセンタ注射をするのが効果が出やすいとされています。初めにお話させて頂いた通り、効果の出やすさは人それぞれです。量や本数はクリニックの先生とよく話あって決めるようにしましょう!

何度もお伝えしますがどのような美容法を行うかは皆様に判断して頂くことです。その効果がかなり立証されているプラセンタ注射なだけに、悩みどころだと思いますが、数年後、数十年後に後悔しない為に、しっかりと熟考してからの決断をおすすめします!

ではまた!

エステサロンを経営しております。 本と映画とアートと音楽が好きです。
投稿を作成しました 71

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る