【立ち読み書評】あり金は全部使え 堀江貴文(少しネタバレあり)

こんにちわ!HIROKIです!

今回の【立ち読み書評】させて頂くビジネス本は、

『あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる』です。著者は言わずと知れたホリエモンこと堀江貴文さんです。賛否両論あるかとは思いますが、僕的にはこの人の本は読んでおいて損はないと思います。

なぜかと言うと、以前、ブログでバカとつき合うな!の書評でも書かせて頂きましたが、堀江さんは、自分のことを天才だとまったく思っていません。

僕から見ればどんだけ頭いいんだよ。天才じゃんと思いますが、堀江さん自身は別に特別な能力があるわけでもなく、自分なりに情報を収集し、信念を持ち、コツコツコツコツ努力を毎日積み重ねているだけ、なのだそうです。だからホリエモンは努力もせずに泣き言を言う人間が嫌いです。努力もせずに人に嫉妬して、悪口を言う人が嫌いです。世の中、努力をしない人がほとんどだから、あんなにイチイチ叩かれるのかなぁ。と思ったりもします。

そして、本気で世の中がよくなって欲しいからこそ、憎まれても恨まれても、おせっかいなくらいに自分の思う真実を拡散し、伝えているのではないでしょうか?

だって、ホリエモンくらいの収入(年収1億円に抑えてあとは会社の資金として投資などに使っているとYOUTUBEチャンネルでおっしゃっていました)や知名度があればもう、今更目立つ必要なんかないし、一般の方とバトる必要なんかまったくないですよね?

あなたなら、批判するくらいなら自分の考えを伝えず、自分だけ得することを考えませんか?

どうですか? 興味が沸いてきましたか?
もう一度言います。絶対に読んでおいて損はないです。

で、今回の『あり金は全部使え』ですが、大抵の人が信じてきたお金の常識を、バッカーンとひっくり返してくれています。

どうですか? 読む勇気がありますか?

少しムカつくかもしれません。でも、堀江さんは嘘をついていません。

情報を誰よりも収集し、僕から見れば天才としか思えないあの頭脳で解読し、勉強し、噛み砕いた答えがこれです。

あり金は全部使え!

では、パラパラっと立ち読みしてきましたので、気になる見出しを紹介していきますね!

銀行預金は「不安の貯金」

「貯金は大事です」「貯金は生活の安心につながる」と言う大人は間違っていると堀江さんは言います。例えば、海外旅行に行きたい。新作のルイヴィトンを全て買いたいなど、なにかの目的があって貯めているのは別にいい。

目的もなく、なんとなく貯めているお金になんの価値があるのか。

安心?

銀行などに預けているお金は、銀行に対する債権。つまり、銀行にお金を貸しているということなのだと彼は言います。その額が大きければ大きいほど、それだけ誰かにお金を貸してしまっている状態になる。

今、この時、自分の人生の幅を狭め、債権者としての負担を抱えている。自分の今を捨てて、人にお金を使わせている。

それのどこが安心なのでしょうか?

使うだけ使いまくって、正しかった

と堀江さんは言います。貯めていれば40代のビジネスマンの中で指折りの富豪になっていたかもしれないが、そんなもことはどうでもいい。

それは、お金で得たその時々の経験や興奮、体験、出会いはなにものにも変えられないからに他ならない。
貯金は目先の不安をほんの少し取り除くかもしれないけど、時間を買い戻すことはできない。

後悔しても遅すぎるんです

これを聞いてもあなたはまだ、先の見えない未来に不安を抱え、貯金をし続けますか? それとも、今を大切にし、たくさんのいい体験をして、素敵な人と出会い、人生を豊にしますか?

家を買うな

これについては僕もまったくの同意見。
特に、今年の台風を経験し、心底そう思います。

持ち家にはリスクが多すぎます。

・壊れたら直さなければいけない
・隣人トラブル
・センスが変わる

これがどれだけ人生のリスクになるか。堀江さんのお言葉をお借りして、ひとつづつ説明させて頂きます。

壊れたら自分で直さなければいけない

台風のニュースを見てて思いますよね??
あれを自分で直すのか、大家さんが直してくれるのかでは費用のダメージが大違いです。天災なんかなくても、家は日に日に痛んでいきます。10年も住めばかなり修復が必要な状態になるでしょう。壁紙は毎年変えているなんて方も多いはずです。

隣人トラブルなんか最悪です

日本の法律はこういう所に詰めが甘かったりするので、どんなにこっちが正しくても捕まえてもらうことはできません。相手が即座に暴力をふってきたり、不法侵入してくれれば楽ですが、「家の前の道路に毎日車を停めてる」とか、「家の前の道路でタバコ吸ってる」とか、そういう地味な嫌がらせをされたところで、逮捕なんかしてくれないんです。

センスが変わる

一生住むんですよ? と言いたい。

堀江さんもおっしゃっていますが、健康状態の変化も大きいですね。若い頃は余裕だった階段も、年をとれば辛くなります。いずれ、バリアフリー化の手間がかかるかもしれない。30歳の時に選んだ(または建てた)おっしゃれー!な家に、30年後、気持ちよく住めると思いますか?その可能性はかなり低いですよね?

そして一番大きなリスクは

このような問題が起きてもなかなか引っ越しができないことです

一度買ってしまったら、売るのはかなり手間ですし、日に日に値は下がってしまいます。雨漏りして、お隣さんがずっと家の前でタバコを吸っていても、我慢して住み続けなくてはいけないんです。どうにも移動ができなくて結局、一生住み続けてしまった。なんて例もたくさんあることでしょう。

ではなぜ、家を購入するのでしょうか?

夢だから?
広い庭が欲しいから?

それならそれで仕方ないのかもしれません。こんなリスクをしょって、広い庭を手に入れたいのであればしょうがない。

でも、「家賃を払うのがもったいない」と思っているのなら、大間違いです!

まず、持ち家には固定資産税やローンの金利がかかります。
そして先ほどもお話した壁や屋根、水回りなどのいくつもの消耗箇所のメンテナンスを続けていかなければいけません。

もし仮に、天災などもなく、健康で、家族関係も変わらずに一生を終えたとします。もし仮に、一生家賃を払い続けるよりも少しだけ得をしたとしましょう。

そのお金、そんなに大切ですか??

賃貸に住み続けた場合、
なんのリスクもなく、収入が上がればグレードアップします。色々な街、土地を楽しむことができ、もし隣人が嫌な人だったらまた引っ越します。
もっともっと収入が上がればホテルや海外のコンドミニアムを渡り歩くような生活が待っているかもしれません。

でももし、持ち家を買ってしまっていたら、その生活を送るチャンスは掴めません

どうですか?
ちょっと意地を張って、

マイホーム=幸せの象徴 

と思い込んでいませんか?
自分に言い聞かせている。といっても過言でもない気がします。

持ち家を買う事でもし仮にうまくいけば少しだけ貯まるであろうそのお金、使ってしまったほうが楽しくないですか??

ということで、今回の立ち読みはこの2つの見出しでおしまいです。

その他にも

・連れ込むのは高級ホテルにしろ
・株より遊びに投資しろ
・掃除・洗濯はするなタクシーを使え
・スマホは最高スペックにこだわれ
・ジムに行け
・誰よりも早くやれ
・手柄は人にやれ
・使った後悔より使わなかった後悔

など、たくさんの気になる見出しがありましたよ!

ここまでを読んで少しでも「おっ!」と思った方、耳が痛かった方、死ぬ前に後悔したくない方、絶対に読んだ方がお得ですよ!

今、節約しようかと悩んでいる本の代金。
そのお金、そんなに大切ですか?

ではまた!

以前のブログ「バカとつき合うな」堀江貴文 西野亮廣の書評はこちらから

エステサロンを経営しております。 本と映画とアートと音楽が好きです。
投稿を作成しました 112

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る