男性冷え性の原因は便利な生活のせい!

男性の冷え性が急増中。
なんて話はよく耳にしますが、僕も最近、年を追うごとに、冷えがおさまりずらくなってきました。

年齢のせいというのもあるかもしれませんが、ずっとPCの前にすわりっぱなし。オフの時間もスマホをみてばかり。といった原因もあるように感じます。

え?ちょっと待って! 冷え性って女性だけじゃないの?

もちろん、そんなことはございません。
男性でも『足の先がなんか冷たい』などと感じたら立派な冷え性です。
このサインを見逃さず、改善していくことが大切ですよ。

男性の冷え性は厳しいです。
寒い。手足が冷えて寝つけないなどといったシンプルな理由もありますが、なんせ、女性と違って、寒がっているメンズはかわいくないですよね。笑

今回は男性冷え性の原因と、改善法をお話していきましょう。

女性で冷え性にお悩みの方は過去ブログのこちらも参考にしてくださいね!
『冷え性対策決定版』靴下を履いたまま寝るのはNG?その他意外なNG事項も!はこちらから

男性冷え性の主な原因

デスクワーク中心の仕事で座りっぱなし

立ち仕事は冷え性になりやすいというのは昔からよく言われていますが、座りっぱなしも冷え性の原因になります。

足を動かさず同じ姿勢を続けがちなデスクワークは、筋肉をあまり使うことができず、血液の流れが活性化されません。そのため、血液が足先に溜まってしまうんです。
すると、足に冷えを招いてしまいます。

エンジニアやデザイナー、動画編集など、パソコンと1日中格闘するお仕事をされている方は、特に注意が必要です。

amazon 電気足温器ランキングへ

運動不足

同じ姿勢がダメということは、運動不足ももちろんNG。
基本一切運動しない!という男性もかなり多いんですよね。
筋肉が少ないと貧血、低血圧になりがちです。
簡単な運動ができる環境づくりを考えていきましょう!

自律神経のトラブル

もっともやっかいなのがコレです。
人間が気温に関係なく体温を一定に保てるのは、自律神経が正常に働いているからです。それなのに、この自律神経が乱れてしまうと、体温調整がうまくできなくなってしまいます。

なぜ自立神経が乱れるの?

自律神経が乱れる原因には、文明の発達があります。
文明の発達。なんて言うと、いかにも凄そうですが、エアコンや電気の普及ですね。
エアコンで自分の体で体温を調整する能力があまり必要なくなり、暑い寒いといった気温を感じる感覚も鈍くなってしまいました。
夜なのに外は明るく、体が朝と夜の区別がつきません。眠る時間に眠くならないのは、自律神経の乱れを象徴しています。

文明が発達したことで体が元々もっていた能力が必要なくなってしまい、自律神経が鈍くなったことにより、乱れを引き起こしています。

また、過度のストレスは自律神経の反応を鈍くさせます。
運動をしてストレス発散をすると、1石2鳥でいいかもしれませんね!
熱狂できる運動の趣味なんかできれば最高です!

男性が冷え性になったのは、便利な生活のせいです!

以前は確かに、女性の方が冷え性になりやすいと言われていましたし、冷えを訴える大半は女性でした。骨格や筋肉量からも女性が冷え性になりやすいのは科学的に明らかです。
なのになぜ、最近の男性は冷え性になってしまうのか。

こうやって原因を並べてみると、恐ろしいことに、男性の冷え性の原因と言われているほとんどが便利な生活のせいということになります。

パソコン、車、エアコン。

これからは更にAIが発達し、lot家電も増えるでしょう。自動運転自動車も必ず発展し増えていくと思います。
人間はこれから更に動かなくても生活できるようになり、冷え性は愚か、それが根本の原因なのではないかと言われている脳血管障害、がん、心疾患などのリスクが高まります。

少なくとも、体調が崩れやすくなってしまうのは間違いないと思います。
少しでも改善していかなくていけないですよね。

改善方法は?

・飲み物や食べ物に気をつける
・お腹と3つの首を温める
・入浴はしっかり半身浴
・睡眠も注意する

このような観点から、以前のブログで徹底的に改善法をお話させて頂いておりますので、是非こちらをご覧くださいね!↓↓

『冷え性対策決定版』靴下を履いたまま寝るのはNG?その他意外なNG事項も!はこちらから

まずは「冷え性は女性だけのもの」なんて決めつけるのをやめて、自分の冷えに気付きましょう!これからどんどん便利になる世の中を楽しく過ごす為に、対策していくことをオススメします!

ではまた!

関連ブログ【メンズ美容】つるつる鼻を手に入れろ!いちご鼻改善のススメ【男性】 鼻パックで毛穴が広がるというのは嘘!?はこちらから


エステサロンを経営しております。 本と映画とアートと音楽が好きです。
投稿を作成しました 112

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る