『プラセンタ』の絶大なエイジング効果と知っておきたいデメリット

こんにちわ♪HIROKIです!

今回は、数年前からテレビや美容雑誌で大人気の美容成分『プラセンタ』についてお話をしていこうと思います。

『プラセンタ』ってよく聞くけど… 
いったいなんなんだろう? 結局なにに効くの? 怖くない?
という方、多いのではないでしょうか?

ズバリ、肌代謝を即し、老化防止の手助けをしてくれます!

女性にとってなによりも嬉しいことですよね♪
それでは少し、プラセンタの成分や効果について説明をさせて頂きますね!

プラセンタとは??

「プラセンタ」とは、英語で「胎盤」を意味する言葉。
ヒトや動物の胎盤から抽出されたエキスの有効成分がプラセンタなのです!

体内で母子をつなぐ重要な器官である【胎盤】。
母親の子宮内に着床した小さな受精卵に、栄養を送ったり、酸素を送ったりし、わずか10か月間で平均3㎏の赤ちゃんに育て上げるという驚異的な力を持った組織です。

胎盤から抽出したプラセンタ

胎盤から摘出したプラセンタには凄い力がありました。復調作用。体のあらゆる部分を本来あるべき状態に戻そうとする力を発揮するんです!
その力は、もともと医療分野で治療薬として用いられてきましたが、近年は美容分野でも非常に注目されています。

プラセンタの効果

美肌・アンチエイジング効果・ホルモンバランスの調整

プラセンタに含まれるビタミンC、E、ミネラル、ペプチドなどには、「抗酸化作用」があり、身体のサビの原因となる活性酵素を除去し、シミやシワといった老化現象を防ぐ効果があると言われています。
また、年齢とともに遅くなりがちな肌のターンオーバーの調整をサポートしてくれます。
代謝を活発にする効果により、肌のターンオーバーを整え正常化し、肌の水分保持にも働き肌を美しく保ってくれるんです♪

ほかにも自律神経やホルモンバランスを調整したり、
抵抗力を高めたり、肝臓の働きを高めたりという効果もあると言われています。

クレオパトラやマリー・アントワネットも愛用していたとも言われている、プラセンタ。確かに、どう考えても、女性に嬉しい要素ばかりですね。

いつまでも若々しい美しさを維持したい!とにかくアンチエイジング!
そう願ってやまない女性の皆様!是非プラセンタ化粧品やサプリ、化粧品をお試しください!

しかし、このような願ったり叶ったりの成分にはデメリットがつきものなんです。しっかりとご説明させて頂きますね。

忘れてはいけないデメリット

ここまでお話しさせて頂いた通り、プラセンタという成分は素晴らしいものです。しかしプラセンタは、ヒト由来・豚由来・羊由来・馬由来、植物由来などがあり、摘出方法の違いや濃度などで、効果の実感がかなり違ってきます。
また、それらの種類が非常に多く、サプリなどですと、どのくらい摂取すればよいのかが非常にアバウトで、実際どの程度摂取すればよいのか、していいのか。ということは、人それぞれとしか言えないというかなり説明しずらい成分なんです。多めにとりすぎるとニキビができたりする方もいらっしゃるようなので、摂取のしすぎは禁物なんですよね。サプリであれば、最初は表示の粒数とりも少なめから始めてみることをオススメします。

馬・豚・羊由来のプラセンタの比較やおすすめについてはこちらのブログをご覧下さい→どれがいいの?『プラセンタ』羊・豚・馬3種類の比較とおすすめサプリ&美容液

そうなるとやっぱりプラセンタ注射がいいなぁとなりますが…

信頼性、効果の確実性や即効性を期待するのであれば、プラセンタ注射が最も効果が高いのは間違いありません。しかし、その効果は長続きせず、一生献血ができなくなるという大きなデメリットがあるので、よーく考えてから受けるべきなんですよ。

プラセンタは、育毛・発毛効果もかなり注目されています

こちらのブログでは、プラセンタとヒト幹細胞培養液の発毛・育毛効果について比較してみました。興味がある方はご覧くださいね↓↓

ブログ最新育毛を比較】『ヒト幹細胞培養液 』VS 『プラセンタ』 育毛・発毛対決! どちらが効果的?【薄毛改善】はこちら

ではまた!

エステサロンを経営しております。 本と映画とアートと音楽が好きです。
投稿を作成しました 112

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る